セノッピーの成分に危険なモノがある?!副作用の心配はないの?!

セノッピーなどの加工食品には、生の食べ物では使われていない添加物をはじめとして、さまざまな問題が指摘されている薬品などが保存料や防腐剤、安定剤などのかたちで使われている場合が珍しくありません。

長期間にわたって腐ることなく安全に食べられるという点では、保存料や防腐剤などを使うメリットはありますが、体内に取り組んだ後、体調不良や健康被害に苦しめられては意味がありません。

また、食べた当初は何もなくても、長期にわたって食べ続けることで、体内で蓄積されていき、徐々に健康被害が出てくる場合もあります。
水俣病の場合がわかりやすいですが、少量・一時的であれば水銀を摂取しても健康被害が出る恐れは極めて低いですが、高濃度・長期間にわたって水銀を摂取したことで、大規模な健康被害が起こりました。

セノッピーには、このような危険な成分は使われていないのでしょうか?

セノッピーで使われている原材料・成分を一覧にまとめました。

水飴、麦芽糖、ゼラチン、濃縮グレープ果汁、粉末オブラート、ホエイたんぱく濃縮物、鉄含有酵母、はちみつパウダー、リンゴ果汁末、乳酸菌、納豆菌滅菌粉末、卵白蛋白加水分解物、DHA・EPA油、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、南瓜、さつまいも、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん/ソルビトール、香料、クエン酸、光沢剤、乳酸カルシウム、リン酸カルシウム、乳化剤、ビタミンD、キシリトール、ビタミンE、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、V.C、ラクトフェリン、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12

このセノッピーの成分の中で気になるのが「ソルビトール、香料、クエン酸、光沢剤、乳化剤」あたりではないでしょうか?

セノッピーで使われているソルビトールは保存料としても使われる甘味料ですし、摂取した人が死亡したなどとセンセーショナルに報じされたこともあって、添加物などを目の敵にする団体などからは、あたかも「毒物」扱いされています。

しかし、死亡したケースでは、その後の調査でソルビトールが原因ではないことが明らかになりましたし、ソルビトールが世界で最も使用されている糖アルコールであるのにも関わらず、水銀ほどの「毒物」といえるほどの健康被害が発生したという報告はありません。

日本でも1947年に食品衛生法が制定された時に指定された食品添加物の一つがソルビトールですが、80年以上にわたって「人体実験」が行われていたこともあって、副作用の心配はなく安全と言えるでしょう。

その他にも、セノッピーは安全性の高い成分を使っているため、食物アレルギーや過剰摂取をしなければ、ほとんど心配はありません。

>>安全な成分を使用しているセノッピーの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました