セノッピーは何歳から食べられる?高齢者が食べても意味がない?!

セノッピーは「成長サポートサプリメント」のため、成長期の男女をターゲットにしていることは改めて指摘するまでもないでしょう。

極端な話をすれば、高齢者が成長期と同じように育つことはありえません。

含まれている栄養分を考えれば全く無駄ではないとしても、身長を伸ばしたいと思って、爺さんや婆さんがセノッピーを食べたところで何の役にも立たず、まったくの無駄なことは言うまでもないでしょう。

セノッピーに含まれるカルシウムやボーンペップ、アルギニンなどの成分は、特に高齢者女性に多い骨粗鬆症を予防するのに必要な栄養素ですから、摂取すること自体は無駄ではありません。

それでは、セノッピーは何歳から食べられるのでしょうか?

セノッピーの販売元に問い合わせると、「年齢制限はない」という答えが返ってきました。

Q:セノッピーは何歳から食べられますか?
A:何歳からでもお召し上がりいただけます。 小さいお子様がお召し上がりになる際は 喉に詰まらないように保護者様が見守ってお召し上がりください。

もちろん、生まれたばかりの赤ちゃんにセノッピーを与えても食べられませんので、最速でも離乳後ということになりますが、十分に噛んだり飲み込んだりできないと、セノッピーのグミを喉につまらせる危険があります。

離乳後すぐにセノッピーを食べさせる場合には、細かく刻んでからのほうが安全でしょう。
個人差が大きいですが、自分で噛んで食べるのは平均すると6歳前後となるため、セノッピーをそのままの形で食べ与えても安心できるのも、6歳以降と考えたほうがいいかもしれませんね。

それでは、セノッピーは何歳ぐらいまで食べさせたらいいのでしょうか?

最初に書いたように、高齢者が骨粗鬆症予防などの目的でセノッピーを食べても構わないため、生きている間はいつでも摂取可能というのが答えになります。

とはいえ、セノッピーの成長サポートサプリという目的を考えれば、成長期が終わるタイミングというのが一つの目安になるのではないかと思います。

個人差は大きいですが、平均すると、成長期が終わるのは男女ともに17~18歳あたりが目安となります。

なお、骨の両端にある「骨端線」という軟骨の部分が膨張することによって身長は伸びます。
この骨端線が完全に骨になるのは男性は17~18歳前後、女性は15~16歳前後という研究報告もあるため、女性の場合は早めに終わりそうですね。

>>成長期の栄養補給に役立つセノッピーの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました