セノッピーを食べても伸びないのは詐欺だから?!なにか対策はない?

セノッピーを飲んでも身長が伸びない、身長が伸びたけどセノッピーの効果なのか分からないといったケースは少なくありません。

成長期であれば、何もしなくても身長や体重は増えていきますが、同じクラスや学年で相対的に身長が低いとコンプレックスを感じるために、セノッピーを食べて平均以上に体を大きくしたいと思うのは当然でしょう。

しかし、セノッピーを食べても、期待通りに体が大きくならなかったときはどうすればいいのでしょうか?

詐欺だということで警察に行ったり、消費生活センターで相談しても相手にされないでしょう。
あくまでも、成長するために必要な栄養の補給という観点でしかアピールはしてないからです。

「セノッピーを食べたら身長が伸びます」などと販売元が断言していたら確実にアウトですが、そのような保証は全く行っていません。

販売元にクレームを出しても無視されたり、あまりに執拗にしていると、クレーマーとして警察に訴えられかねません。
文句を言うにしても、常識の範囲内にしておいたほうがいいでしょう。

さて、現実的な対策としては、どのような方法が考えられるでしょうか?

まず考えられるのは、生活習慣の見直しです。

就寝中に十分に成長ホルモンが分泌されないと、セノッピーでカルシウムやアルギニンなどの栄養分を補給しても体は大きくなりません。

睡眠時間が極端に短かったり、睡眠の質が低かったりすると、十分に成長ホルモンが分泌されないために、体が大きくなりにくい傾向があります。

夜ふかしや昼夜逆転生活が続いているようであれば、まずは規則正しい生活リズムに戻したほうがいいでしょう。
睡眠時間は個人差があるため、必ずしも1日8時間がベストとは限りませんが、熟睡して目覚めよく起床できることが重要です。

次に必要なのが、定期的な運動です。

体を動かすことで身体能力が向上しますし、新陳代謝も活発になるために、体が成長しやすくなります。

とはいえ、運動部に所属して毎日熱心に練習に取り組んでいても、なかなか体が大きくならない場合も多いですし、家の中でゴロゴロしているのに高身長という人もいることから、ベストな解決策が見当たらないのも事実です。

なお、成長期の筋トレは体を痛めやすいだけでなく、身長が大きくなるのを妨げる場合もあることから、成長期が終わった高校以降に取り組むと効果的です。

むしろ、遺伝的な影響で低身長になる場合もあるため、このようなケースだと現代の科学を用いても手の打ちようがないというのが実情です。

>>成長期の栄養補給に役立つセノッピーの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました