中学生が飲んでも身長は伸びない?果たして成長期に間に合うのか?

成長期サポートグミサプリ「セノッピー」を中学生になってから食べさせてもいいのかと悩んでいる親御さんが少なくありません。
「うちの子供が小さいので不安」とか「近所の子供と比べると成長が遅い」など、さまざまな不安を感じているのではないでしょうか?

成長ホルモンや甲状腺、ターナー症候群、SGA性低身長症などの病気によって身長が低い場合もありますが、これらの治療が必要なケースは全体の1割以下と少ないです。
原因不明で身長が低いケースがほとんどですから、身長を伸ばすために何をすればいいのかすら分からない場合が多いです。

中学生ともなると成長スピードに個人差が大きくなるため、他の人と比べてカラダが大きくなるのが遅いと「セノッピー」を食べさせたほうがいいのではないかと気になっているのでしょうか?

結論から言うと、中学生は人生の中でもカルシウムが必要となる時期のため、セノッピーなどで補給することは効果的ですし、決してムダにはなりません。

なお、身長や体重などに反映されるかという点で言えば、中学1年生と中学3年生、男子・女子で違いが出てきます。

女子の場合は、カラダを大きくしたいというのであれば、一刻も早くセノッピーの摂取を始めたほうがいいですし、男子の場合は卒業間際からセノッピーを始めてもなんとか間に合うかもしれません。

個人差はありますが、カラダが大きくなる第二次性徴期が終わるのは、男子が16歳前後、女子が15歳前後です。
この時期をすぎてしまうと、一般的には身長の伸びは期待できません。

中学生というと12歳から15歳の間ですから、女子が卒業間際にセノッピーを飲み始めても役に立たない可能性が高い一方、男子が中学入学とともにセノッピーを飲み始めると、成長期に必要な栄養分を効率よく補給できるという点で効果が期待できます。

もちろん、カラダを大きくするだけでなく、体を丈夫にするためにセノッピーを摂取するのであれば、中学生どころか高校生でも問題ありません。

高校生になると、体の成長は一通り落ち着く一方、筋肉などを鍛えるのに良い時期として、スポーツなどではウェイトトレーニングを本格的に行うことが一般的です。
中学までの時期に筋トレをすると、体の成長が十分に行えなくなるために逆効果だからです。

この時期も、カラダを丈夫にするための栄養素が必要になるため、セノッピーを食べても構いませんし、HMBやBCAAなどが含まれたサプリや健康食品などを摂取してもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました