大人になってから身長を伸ばすのは可能?成長期を過ぎたら手遅れ?

大人がセノッピーを食べたら身長が伸びるのでしょうか?

もちろん、セノッピーは伸び薬などではありませんから、飲めば確実に身長が伸びるなどといったことはありません。
一般的には、身長が伸びるのは「成長期の終わりまで」ですから、普通に考えたら、セノッピーを食べたところで不可能と言いたくなりますよね。

一方で、セノッピーの有無は別として、嘘か本当か分からないものが多いのですが、インターネット上の口コミを見ていると、大人になってから身長が伸びたという書き込みは意外に多く見つかります。

20代ぐらいまでであれば、成長期が遅い場合には、身長が伸び続ける可能性は十分にありますが、30代、40代となってくると考えにくいですし、高齢者ともなると、身長が伸びるどころか縮んでくる場合がほとんどですから、明らかに嘘をついているのではないかと疑いたくなるのは当然でしょう。

もちろん、レスバトルなどでウソを付く場合もあるかもしれませんが、一般論として、サプリや器具などを売りつける場合を除けば、嘘を付くメリットなどはないわけですから、ある程度の信憑性はあるといえそうです。

とはいえ、成長期までは骨端線のまわりにある軟骨細胞が成長することで身長が伸びていきますが、大人になると骨端線が閉じるために、身長を伸ばしようがないという事実もあります。

その答えとなりそうなのが、背骨の構造です。

大人になっても身長は伸びるの? 背骨のクッション「椎間板」が1日の間に伸び縮みする
 子供のころ、毎年の身体検査で身長を測るのが楽しみだった人は多いと思う。それが思春期を過ぎて、あまり数字が変わらなくなると、身長への興味も消えてしまう。大人になってからは、体重なら気になるけれど、身長はどうせ変わらない、と思っている人が多いはずだ。

背骨にある椎間板が伸び縮みすることで、1日の中でも身長が数センチ程度は伸び縮みすることが珍しくないと、記事中で下出真法医師は指摘しています。

また、体の歪みによって左右・前後のどちらかに偏ることによって、本来の身長よりも低くなるケースも珍しくありません。

整体やカイロなどで骨盤矯正を受けたり、骨盤や背骨のストレッチなどを行うことによって、身長が伸びる場合も多いです。

体の歪みを直す方法は、大人でも短期間で効果が実感できることから、興味があれば試してみるといいでしょう。
googleなどで検索すると、ストレッチの仕方などは簡単に見つかります。

非常に珍しいケースとしては、生まれつきの小人症で身長が伸びないままに成人を迎えた後、今度は巨人症を発症して、一気に成長したというギネス記録があります。

19歳時点の身長は小人症の影響から143cmしかなく、その後、21歳頃に巨人症を発症し、32歳には218cmにまで伸びたといいます。
ギネス記録ですからレアケースもいいところですが、これよりも小規模なケースは他にもあるんでしょうね。

その際に、セノッピーで栄養補給しておくのは良い選択肢かもしれません。

>>成長サポートに役立つセノッピーの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました